【レシピ】インド刺繍リボンの丸玉クリスマスオーナメントの作り方

レシピ・作例

発泡スチロールの球を芯に、刺繍リボンをぴったりと貼り付けたまんまるクリスマスオーナメントができました!

お裁縫なしで制作することが可能ですが、発砲スチロールの球にカッターを使ったり、力がいるところがあるので大人の方向けです。

材料と道具
・発泡スチロール球 直径8cm 1個
・布地のインド刺繍リボン 6cm以上幅があるもの 30cm程度 1本
・薄手の布地 8cm×15cm 2枚
・装飾用ブレード 約50cm
・天地を飾る小さなレース(ここではチュール素地の刺繍リボンからモチーフを切り抜いています) 2枚
・黒の刺繍糸(下げ紐用) 20cm
・手芸用ボンド(裁ほう上手を使用しています)
・目打ち
・カッター

作り方

1.刺繍リボンの下ごしらえをする

刺繍リボンの裏側上下の押さえミシンをほどく

2.発泡スチロールの球に切れ込みを入れる

球を4分割するように、カッターで深さ約1cmの切れ込みを入れる

3.布地・刺繍リボンを大まかにカットする

先ほど入れた切れ込みの形に合わせて、大まかに布地と刺繍リボンをカットする

※本当に大まかで大丈夫です!

4.切れ込みに布端を押し込みながら合体させる

※少々力を使う作業なので、怪我には十分に気を付けてください。

a.刺繍リボンを球に合わせ、目打ちを使い布端を切れ目に押し込んでいく。

刺繍リボンは向い合わせの位置に2枚配置します。

※切れ込みに入らないほど生地が余っている部分はカットしてください。

b.布地も同様に、目打ちを使い布端を切れ目に押し込んでいく。

刺繍リボンと同様に、布地も合わせてゆく。
こちらも、布地が余った部分はカットする。

※布地・刺繍リボンともにできるだけピンと張るように仕上げるときれいです。
 どうしてもしわが寄ってしまう場合は、下側の目立ちにくい位置にしわが寄るように調節してください。

5.切れ目の部分を隠す装飾ブレードを貼り付ける

ブレードにボンドを塗り、球の切れ込み4か所を隠すように貼り付ける。

6.天地を飾る

a.球の天の部分は輪に結んだ刺繍糸を挟んで飾りレースを貼り付ける

b.球の地の部分は飾りレースをボンドで貼り付け、ブレードの端を隠す。

ボンドが乾いたら完成!

刺繍リボンと布地の選び方

使用する布地は、シーチングなどの薄いものが作りやすいです。

刺繍リボンはチュール素地だと下の発泡スチロールが透けてしまうので、もしチュール素地の刺繍リボンを使用したい場合はもう一枚布地を挟むのをお勧めします。
なお、厚みのある刺繍リボンはこの作品の制作には向いていませんので気を付けてください。

天地の飾りレースについて

今回使用している飾りレースは実は、チュール素地の刺繍リボンからモチーフを切り出したものです!

チュール素地の刺繍リボンは布地の部分がほつれてこないので使いやすいです。
刺繍部分にはさみを入れてしまうと刺繍がほつれてきてしまいますので、その場合はほつれ止め液を使用してくださいね!


このレシピで使用したインド刺繍リボンはこちら!

刺繍リボンのお店TRIP UTOPIA(トリップユートピア)では、上記のインド刺繍リボン以外にも様々なデザイン・カラー・太さの刺繍リボンの他、キット商品等も販売しています!
当ブログでレシピをご紹介している作品の中にもキット商品を展開しているものがございます。
材料選びに困ったり、お手間を減らしたいときにはぜひご活用ください。


皆様も作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!