【レシピ】インド刺繍のリボンパッチワークフラップポーチの作り方【製作時間40分】

レシピ・作例

中途半端な長さのインド刺繍リボンのはぎれ、
困っていませんか?

今回のレシピでは、刺繍リボンの用尺が15cm以下!

短めの刺繍リボンを縫い合わせてパッチワーク布を作り、
それからミニサイズのフラップポーチを仕立てます!

今回使用する型紙は、刺繍リボン用型紙店「PATTERN of UTOPIA」にて販売中です!

材料と道具

・刺繍リボンのはぎれ 長さ14cm×横に並べて幅12cmになる本数
・フェイクレザー 15cm×25cm
・バイアステープ
・ばねホック
・打ち具
・穴あけポンチ
・裁縫道具

作り方

1.刺繍リボンのパッチワーク生地を作る

a.刺繍リボン裏側の縫い目をほどく

b.刺繍リボン同士を中表に重ねて縫い合わせる

刺繍リボンを中表に重ねて折れ癖がついている位置を縫い、
幅11cmの大きさになるまでどんどんつなげていく

c.縫い代を割って押さえミシンをかける

ひらひらしている縫い代を縫っておくことで、
厚みが落ち着きスッキリとした仕上がりになる

2.パーツをカットする

型紙に合わせてパーツをカットする

フェイクレザー:本体パーツ1枚、ポケットパーツ1枚
刺繍リボンパッチワーク:本体パーツ1枚

型紙はこちらから購入できます

3.パーツを組み合わせる

a.2枚の本体パーツを外表に重ねて端から2mmの位置を一周縫う

b.ポケットパーツの直線の部分にバイアステープを縫い付ける

c.本体パーツ・ポケットパーツにそれぞれ穴あけポンチで穴をあけ、ハトメ金具を取り付ける

c.本体パーツ・ポケットパーツを重ねて仮縫いしする

本体パーツとポケットパーツを重ね、端から2~3mmの位置を縫う

d.バイアステープを一周縫いつける

バイアステープを縫うときは仮留めクリップで固定してから縫う


本体にフェイクレザーを使うことで、刺繍リボンに接着芯を貼る必要をなくしました。
フェイクレザーのハリや質感は刺繍リボンとの相性抜群です!

フェイクレザーは厚みが出やすくなるので、
縫い代をバイアステープでくるんでぺたんこさをキープしています。

フェイクレザーを縫うときはレザー用のミシン糸を使うと縫い目が美しくなるのですが、
このレシピでは表に出る縫い目は刺繍リボンやバイアステープの上になるので、
一般的な中~厚地用ミシン針で大丈夫です。

刺繍リボンのパッチワークは今回縦向きに使いましたが、
いろいろな向きで組み合わせてももちろんOK!

はぎれまできっちり刺繍リボンを使い切れると気持ちがいいですよ~!


このレシピがいいなと思ったら当店「刺繍リボンのお店TRIP UTOPIA」で刺繍リボンをご購入いただけると励みになります!

刺繍リボンのお店TRIP UTOPIAへのリンク

刺繍リボンのお店TRIP UTOPIA(トリップユートピア)では、このレシピに使用しているインド刺繍リボン以外にも様々なデザイン・カラー・太さの刺繍リボンの他、キット商品等も販売しています!
当ブログでレシピをご紹介している作品の中にもキット商品を展開しているものがございます。
材料選びに困ったり、お手間を減らしたいときにはぜひご活用ください。

刺繍リボンのお店TRIP UTOPIA

皆様も作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!