【レシピ】インド刺繍リボンのコードホルダーの作り方

レシピ・作例

刺繍リボンの裏地にしっかりした帆布をあて、ちょこんとしたコードホルダーができました!
小さなアイテムですが、刺繍が入っていることでアクセントになり、コード付きイヤホン派の楽しい味方になってくれます。

作り方もとってもシンプルで、一言でいえば裏地をつけてばねホックを取り付けるだけ。
短く残ったはぎれの活用にももってこいです!

材料
・幅3cmの刺繍リボン12cm
・帆布(もしくは厚手の布)12cm×5cm
・ばねホック1組
・布用接着剤
・裁縫道具

作り方

1.刺繍リボンのおさえミシンをほどく

裏側の下糸をカットして引き抜くと、表の糸もするりと抜けます

2.布地と刺繍リボンを中表にして脇を縫う

刺繍の柄が終わるラインを縫う。
※縫った後、縫いしろが大きく残っている場合はカットする。

3.表に返し、アイロンをかけて形を整える

表に返した後はもう縫う工程がないため、ここでしっかりと形を整える。

4.端を内側に畳み込み、接着剤でとめる

この部分は布の重なりが分厚くなっていて縫いづらいので、布用接着剤でとめてしまえばらくちん!

5.ばねホックを取り付ける

穴あけポンチで二か所穴をあけ、ばねホックを取り付けて完成!


コードレスのちっちゃなイヤホンがすっかり普及していますが、落としそうだからコードが付いているイヤホンがいいな…という方、私以外にもいらっしゃるのではないでしょうか?
ちょっとまとめておくだけで絡まりづらく、カバンから取り出しやすくなる優れモノ「コードホルダー」。

このレシピでは3cm幅のチュール素地の刺繍リボンを使用していますが、もっと太い刺繍リボンをカットして作ってももちろんOK!
布地の刺繍リボンを使う場合は、表に返す工程で縫い代がほつれやすいので気を付けてくださいね!

使用している刺繍リボンはこちら!

皆様もぜひ作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!