【50cm使い切りレシピ】インド刺繍リボンのシュシュの作り方

レシピ・作例

当店「刺繍リボンのお店TRIPUTOPIA」の販売単位=50cmぴったり使い切りのレシピです!
超太幅の11cmの刺繍リボンをそのままお仕立てすることができるシュシュの作り方をご紹介します!

材料
・オーガンジー花畑太(11cm)の刺繍リボン50cm
・ヘアゴム20cm
・裁縫道具

作り方

1.刺繍リボンの下ごしらえをする

こちらのブログ記事「【インド刺繍リボン取扱説明書#1】下ごしらえ:余分な糸のカットについて」を参考に表裏の余分にわたっている糸をカットする。
さらに、裏側のおさえミシンをほどき、折りたたまれていた部分を伸ばす。

2.輪っかになるように縫う

刺繍リボンを中表に二つ折りにし、布端1cmのところ(青線)を縫って輪っかの状態にする

3.わきを縫う

a. 中表の状態のまま、手前側の刺繍リボンを画像のように丸めるように折り畳み、

b. 下側の刺繍リボンで丸めた部分を包むように折りたたみ、青線の向きで縫っていく

※このとき、内側のリボンを一緒に縫わないように気を付けてください

c. 縫っている最中、畳んだ部分が縫い終わってしまったらいちど縫うのをとめて、筒状になっている刺繍リボンの内側からまだ縫っていない部分を引き出しながら「返し口」を残して一周縫う。

※返し口は3cm程度あけてあればOK!
 縫い始め・縫い終わりはしっかり返し縫いをしておいてください

4.ヘアゴムを通す

a. 返し口から表に返し、紐通しを使ってヘアゴムを通す。

b. しっかり結んだら返し口をコの字縫いでとじ、形を整えて完成!


刺繍リボンやヘアゴムの長さを変えると、シュシュのひだの数が変わります!
黒い方はこのレシピ通りの刺繍リボン50cmヘアゴム20cm、きなりのほうは刺繍リボン60cmヘアゴム22cmで作りました。

この「オーガンジー花畑太(11cm)」の刺繍リボンのシリーズは太すぎて本当に使い勝手がいいです!
小物を作る際はもはや布地と同様の取り回しが可能なので便利です。

使用している刺繍リボンはこちら!

皆様もぜひ作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみくださいね!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!