【レシピ】インド刺繍リボンのピアスの作り方

レシピ・作例

いちばん作りやすい、「わに口パーツ」で作った刺繍リボンのチャームをつけるピアスの作り方をご紹介します!
刺繍リボンの太さや長さを変えれば、シルエットやボリューム感を変えることができますよ!

材料
・インド刺繍リボン10cm程度(1ペア分)
・わに口パーツ2つ
・ピアスパーツ1ペア
・丸カン2つ
・ピアスチャーム2つ
・工具

作り方

1.刺繍リボンのチャームを作る

a.わに口パーツの口をペンチで少し広げる。

b.刺繍リボンを画像のようにたたむ。

c.たたんだ山をつぶすようにして持ち、わに口パーツに挟む。

d.わに口パーツから刺繍リボンがはみ出している部分はしっかり中に入れこむ。
 (目打ちがあると便利です!)

e.形を整えながら少しずつ指でわに口パーツをとじ、最後はペンチでしっかりととじる。
 このとき、金属ペンチを使う場合は布などを挟んでわに口パーツが傷つかないようにする。

2.パーツを組み立てる

a.ピアスパーツ・チャーム・刺繍リボンのチャームを丸カンでつなげる。

※チャーム・刺繍リボンのチャームの重なる順番をよく見ながらつないでくださいね!

完成!

わに口パーツで刺繍リボンのチャームを作ることができれば、ピアスだけでなくほかのアクセサリーを作ることもできますよ。
チェーンやビーズと合わせてバッグチャームやストラップを作るのもかわいいかも!

使用している刺繍リボンはこちら!

皆様もぜひ作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみくださいね!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!