【レシピ】インド刺繍リボンのフラットファスナーポーチの作り方

レシピ・作例

インド刺繍リボンの幅をそのまま活かしたフラットファスナーポーチができました。
マチを設けないことで、刺繍リボンの柄をめいっぱい楽しむことができます!

今回は16cmファスナーを使用し、ペンケースにぴったりサイズです。

材料と道具
・8~9cm幅のインド刺繍リボン 19cmを2枚
・内布 10cm×19cmを2枚
・接着芯 10cm×19cmを2枚
・16cmファスナー 1本(「玉付き金属ファスナー」を使用しています)
・3mm幅の両面テープ
・ミシン用シリコンオイル(ペンタイプのものが市販されています)
・裁縫道具(手縫いで製作可能ですが、ここではミシンを想定しています)

作り方

1.刺繍リボンの裏側上下の押さえミシンをほどく

刺繍リボンを裏返し、上下の縫い目をほどきます。

2.刺繍リボンに接着芯を貼る

接着芯を貼り、余計な部分をカットし10cm×19cmになるように形を整えます。

刺繍リボンはアイロンの高熱を当てると傷んでしまう場合があるため、必ず当て布をして接着してください。

3.ファスナーを準備する

ファスナーの裏表に両面テープを貼り付けます。

表裏の両面テープの剥離紙を数センチ剥がし、ファスナー裏側に谷折りにし、折った端の半分だけ斜めに折り返して図のような形に留めます。

黒いファスナーだと分かりづらいのでベージュのファスナーをアップで撮りました。
画像のように、裏側に折ってから、折った端を斜めに折り返します。

4.刺繍リボン・内布とファスナーを貼り合わせる

中表になるようにして、画像のように刺繍リボン・布地とファスナーを布端を揃えて貼り付けます。

布地の中央とファスナーの中央はぴったり合わせてください。

※布の向きに気を付けてください!

5.ファスナーと生地を縫う

ファスナーの左右のわきを縫います。
端から5mm程度のところを縫います。

このとき、両面テープを縫わないように気を付けてください。

※ファスナーのスライダー(引手の部分)は縫っている最中にミシンのおさえに引っかかると縫い目が曲がってしまうだけでなくとても危険なので、途中でスライダーを移動させて縫い進めてください。

7.表に返し、押さえミシンをかける

ミシンの針に「シリコンオイル」を塗ります。
※ここでは両面テープを巻き込んで縫うことになり、両面テープののりが針につくとうまく縫えなくなってしまうことがあるため、その予防策です。

中表にしていたところを表に返し、刺繍リボンの端から3mm程度のところに押さえミシンをかけます。
これにより、ファスナーに布が噛むことなくスムーズに開閉できるようになります。

※こちらもファスナーのスライダーを途中で移動させながら縫い進めてください。

8.わきを縫う

再び裏に返し、端から1cmのところを縫います。

前工程で押さえミシンをかけた分ファスナーの方に布地が引っ張られていて、縫うときにゆがみやすいので気を付けてください。

このとき、ファスナーを一緒に縫わないでください。
縫う位置が必ずファスナーのわずかに外側になるように注意を払ってください。

9.底を縫う

端から1cmのところ(=ファスナーの位置から9cmのところ)を縫います。

このとき、内布側に返し口を残してください。

10.表に返して、返し口を縫い閉じる

返し口から表に返し、刺繍リボン側の角をきれいに整えます。
最後に返し口を縫い閉じたら完成です!

この画像では、「内布の奥は見えないからいいや」という考えで返し口をミシンで縫ってしまっています。
丁寧に作る場合は、返し口は「コの字縫い」で縫い目が見えないように手縫いで処理をしてください。


今回のレシピでは、内布を1枚仕立てにせず、2枚をわざわざ縫い合わせる方法を選びました。
それというのも、今回のような細長い作品で内布が1枚仕立てだと、ファスナー横の押さえミシンをかけるのがやりづらいと感じたからです。
縫う工程が一か所増えたとしても、作りやすい方がよい!ということでこの仕様になっています。

また、ファスナーを一度両面テープでとめてしまうのも、作りやすさを重視するためです。
両面テープの上を縫うために「ミシン用シリコンオイル」という聞き慣れないアイテムを使う必要が出てしまいましたが、「お裁縫に慣れていなくても、せっかく作るならばきれいに仕上げたい」という方が楽しくきれいに仕上げられることを考えてこの方法を選びました。

ファスナーを使う作品は分かりやすくとっつきやすいように見えますが、作ってみると「このファスナー選びで合ってた?」「なんだか曲がってしまってうまくいかない!」「端っこが変……」というつまづきポイントがたくさんあります。

当ブログでは、そんなつまづきポイントを解消できるようなレシピを掲載してゆければと考えています!


皆様も作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!

今回使用した刺繍リボンはこちら!

こちらの刺繍リボンもオススメです!