【レシピ】インド刺繍リボンのクロスターバンの作り方*動画あり

レシピ・作例

刺繍リボンと布地をクロスさせたターバンができました!
チュール素地の刺繍リボンを使うので布地と合わせやすいだけでなく、柔らかいので頭の形にもなじみます。

ゴム部分を長めにとったので、締め付けが少ないフリーサイズです。
完成サイズは頭囲54cm程度となります。

材料
・幅8cmの刺繍リボン 44cm
・薄手の布地 44cm×26cm
・2cm幅の平ゴム 18cm
・裁縫道具
・アイロン

作り方

1.材料をカットする

刺繍リボンは44cmに、平ゴムは18cmにカット。
布地は44×18cmを1枚(A)、35cm×8cm(B)を1枚カットする。

2.布地を縫う

a. 布地(A)(B)ともに短辺を半分に折り、1cm縫い代をとって長辺を縫う(細長いパーツになります)

b.布地(A)(B)を裏返し、アイロンをかけて整える

※縫い代は端に寄せる

3.パーツを組み立てる

a.図のように刺繡リボンと布地(A)を重ね、布地→刺繍リボンの順で折りたたむ

折りたたんだところ

b.布(A)パーツの端を3cm程度になるよう3つ折りにし、平ゴムを縫い付ける(縫い代は1cm)

c.布地(B)の両端を1cm折り返す

d.布地(B)に平ゴムを通す

d.布地(B)で布地(A)の端をくるんで縫う

e.刺繍リボンの側も同様に3cm程度の3つ折りにし、平ゴムを縫い付ける

f.布地(B)でくるんで縫い、完成!


このターバンのレシピは、8cm幅の刺繍リボンに対応しています。
もしほかの幅の刺繍リボンで制作したい場合は、「布地(A)のパーツの縫った後(工程2-b時点)の幅」を刺繍リボンと同じになるように調節してください。
どれくらいの刺繍リボンの幅まで変更可能かは検証していないため、サイズ変更についてはお手元で試行錯誤してみてくださいね!

また、サイズが大きい場合は平ゴムの長さを変えることで、全体のバランスを損なわずに調整することが可能です。


1分間の作り方動画も公開しているので、具体的な作業工程が見たい方はこちらをご活用ください!

皆様もぜひ作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!

使用している刺繍リボンはこちら!