【レシピ】インド刺繍リボンのヘアクリップの作り方

レシピ・作例

ヘアクリップの土台にリボン型に仕上げた刺繍リボンを貼り付けるだけで仕上げる刺繍リボンの髪飾りができました!
基本の形を作る部分は接着剤だけで作ることができます。(装飾したいときは針と糸を使ってください)

材料
・幅5cm程度の刺繍リボン25cm×1本
・幅3cm以上のサテンリボン27cm×2本
・幅1cm程度のグログランリボン8cm×1本
・ヘアクリップ土台(ここでは幅5.5cmのもの) 1つ ・接着剤
・飾りつけチャーム(必要に応じて)
・裁縫道具(必要に応じて)

作り方

1.リボンの形を作る

a. 刺繍リボンを画像のように左右からたたみ、厚みが出ないよう中心で重ねずに接着剤で留める
 サテンリボンはたたんだ刺繍リボンよりも1cmだけ長くなるようにたたみ、中心で重ねて接着剤で留める

b. 刺繍リボンを裏返して中心に接着剤を塗り、並べたサテンリボンの上に接着する

c. 刺繍リボンとサテンリボンをまとめて「谷-山-谷」となるように折りたたむ

d. 中心にグログランリボンを巻き、裏側の谷になっている部分に差し込んで接着剤で留める
※接着剤が乾くまではクリップなどで固定してくださいね!

e. 丸印のところに接着剤を塗り、刺繍リボンとサテンリボンを接着する

f. 飾りつけを行う
今回はチャームを中心のグログランリボンのところに縫い付けました。

2.ヘアクリップの土台に接着する

a. ブルーの線を引いた部分に接着剤を塗る(両面)

b. サテンリボンの部分を土台に接着してクリップなどで押さえ、乾いたら完成!


作り方でご説明したヘアクリップの土台は幅が約5.5cmですが、土台の幅約3.7cmのもので作ったのが画像右側に写っているヘアクリップです。
また右側のヘアクリップは、リボンの中心を絞っているグログランリボン幅を細めにしています。
土台や絞り部分のリボンのサイズを変えるとシルエットが変わります。

飾りつけに関しても、絞り部分にチャームやタッセルを縫い付けるだけでなく、カボションを貼り付けたり、刺繍リボン自体にさらにビーズやスパンコールを足すなど、アレンジの幅は広いです!

オリジナリティあふれるヘアクリップをぜひ作ってみてくださいね!

使用している刺繍リボンはこちら!

皆様もぜひ作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみくださいね!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!