【レシピ】インド刺繍リボンのショルダーストラップの作り方

レシピ・作例

インド刺繍リボンと土台のテープをまっすぐ縫って金具をつけるだけ!
シンプル構造で刺繍リボンの可愛さを存分に活かしたショルダーストラップができました。

長さは75cm~145mに調節可能です。

土台になるテープは刺繍リボンと同じくらいの幅ものを選んでください。

また、どんな厚さのテープを選ぶかによって仕上がりが変わってきます。
たとえばグログランリボンや綾テープを使うとくったりした柔らかい仕上がりに、持ち手に使われるような厚みのあるテープを使うとハリがありしっかりとした仕上がりになります。
お好みで土台テープを選んでみてくださいね!

材料と道具
・インド刺繍リボン 150cm
・刺繍リボンと同じ幅の土台テープ 148cm
・リュックカン(土台テープよりも数ミリ内径が大きいものを選んでください)1個
・ナスカン(同上) 2個
・ミシン
・透明なミシン糸

作り方

1.刺繍リボンと土台のテープを縫い合わせる

刺繍リボンは150cm、土台テープは148cmにカットしておきます。
刺繍リボンと土台テープを1cmずらした状態で長辺を縫い合わせます。

このように1cm程度ずらしてください

縫い合わせるときは「透明なミシン糸」を使うと、縫い目が目立たないので仕上がりがワンランクアップしますよ!

布地に合わせた色のミシン糸を使ってもよいのですが、どうしても刺繍リボンの刺繍の上に縫い目が来てしまうので、できるだけ目立たないよう透明なミシン糸を使用することをおススメします。

さらにこだわりたい場合は、刺繍リボンの左右のおさえミシンをほどいてから土台テープと縫い合わせると、縫い目が1本だけになるのでとても美しいです。

2.金具をつける

a.片側にナスカンをつける

画像のように土台テープをくるむように一度刺繍リボンを折りたたんでからもう一度折りたたみ、ナスカンを縫い留めます。

この部分は使用する際に負荷がかかるので、必ず何度も縫い返すか、☒印のように丈夫な縫い留め方をしてください。

b. 反対側にリュックカンとナスカンをつける

反対側は、リュックカンとナスカンを画像のように(S→Eに向かって)通します。

書き込みなしVerもご参考まで。

c.リュックカンを縫い留める

先ほどと同じように、一度土台テープをくるむように折りたたんでからもう一度折り畳み、リュックカンを縫い留めます。
こちらも負荷がかかる部分ですので、必ず何度も縫い返すか、☒印のように丈夫な縫い留め方をしてください。


長さが調節できる刺繍リボンのショルダーストラップが完成です!

スマートフォンをさげるストラップにしたり、小さめのポシェットのショルダーにしてお楽しみください!
(非常に重たいものは支えられませんのでご注意くださいね!)

このレシピを使用したショルダーストラップのキットが2022年11月中に販売予定です!
また、このレシピにぴったりの細めの刺繍リボンが入荷しております!

キット・刺繍リボンを販売するオンラインショップはこちらです。
今回ご紹介した以外にも、様々なデザインの刺繍リボンや手作りキットをご用意しておりますので是非お気軽に遊びにいらしてくださいね!

刺繍リボンのお店TRIP UTOPIA(トリップユートピア)

今回の「ショルダーストラップの作り方」はvol.1で、その特徴は「土台テープと刺繍リボンをまっすぐそのまま縫い合わせる」ところでした!

vol.2のショルダーストラップの作り方は、土台のテープを刺繍リボンで縫いくるむタイプのレシピになっています。
vol.2はすこし幅がある刺繍リボンでもショルダーストラップを作ることができるレシピになっていますので、よければこちらも参考になさってください!


皆様も作例・レシピを参考に刺繍リボンをお仕立てしてお楽しみください!
もし素敵なお仕立てができましたら、twitterやinstagramでハッシュタグ「#刺繍リボン誂え品」をつけて投稿していただけるととても嬉しいです!