【作例】インド刺繍リボンのフォトフレーム

レシピ・作例

「インド刺繍リボンはかわいいけれど使い道が分からないわ…」というお声をよくいただきます…
そこで、すぐに楽しめる方法をご紹介します!

ズバリ、「額に入れて飾る」です!

作り方

作り方というほどのことはございません!
市販されている写真たてに丁寧に並べるだけ。
こちらは100円ショップで売られているものを使いました!
これだけデスクの上の小さなスペースでも飾ることができ、刺繍リボンを堪能できます。

縫っても、接着剤を使ってもいないので、気分次第ですぐに刺繍リボンを入れ替えることができるのもいいところです。

ここで使っている写真たては一般的なL判サイズです。
刺繍リボンは3cm幅が1本、5cm幅が2本入りました。

写真たてのサイズによって入れることができる刺繍リボンの本数が変わってくるので、入れたいリボンが決まっている場合はサイズをはかってから写真たてを決めてくださいね~!

幅11cmの刺繍リボンが正方形の写真たてにぴったり収まりました!
偶然の産物ですが、これ一つでも絵になりますね。

お客様がはぎれパックや切り売りのリボンたちを額に入れて飾ってくださっているのを見るととても嬉しい店主です。
ぜひ皆様もお気軽に「#刺繍リボン誂え品」タグを使って、自慢の刺繍リボンをお見せくださいませ~!

使用したリボンはこちら!